シューマッハR12

April 15, 2005

シューマッハ売れるか?!

FusionR12-1
FusionR12-3

久しぶりです!
3月30日に3月2回目のラジコン走行ができたのですが、なかなか時間が取れなくて整備するのがやっと。ブログの書き込みできる余裕がありませんでした。
4月に入っても忙しく、休みに天候不順もあり、10日に少し走行させましたが、今月もあまり走らせることができないようで残念です。
そんな中、所有マシンであるシューマッハ・フュージョン・R12を売り出すことにし、オークションに出品しました。さて、値が付くでしょうか?

説明には下記のように記載しました。

イギリス製シューマッハ・フュージョン・R12(SchumacherFusionR12)の中古です。当方がキットを購入し、組立、半年ほど楽しみました。出品するのは、シャーシ、エンジン(PICCO XP12RE YOKOMO SPEC ノーマルヘッド)(中古)、FusionR12専用チューンドパイプセット(中古)、新品未使用パーツ(ウィッシュボーン、ハブキャリア等15点・結構な値段)、汚れや記入がありますが説明書(シャーシ、パーツリスト、エンジン)です。メカ(受信機・サーボ・スイッチ)、ボディ、タイヤは付属しません。当方、まだラジコンは続けますので、サーボは取り外しました。
出品にあたり、一生懸命掃除しました。あと、抜けていたダンパーオイルを補充し、ベアリングの一部の注油もしました。センターベルトと前後デフプーリーとクラッチは交換後2回走行しました。今回、いくつかのパーツは新品と交換しました。あくまで素人の整備であることをご了解下さい。
半年の使用でエンジンの圧縮は落ちています。回りますが、近々PC交換した方が良いと思います。中古のプラグは付属しています。ヘッドにはキズが多数あります。チューンドパイプはタイヤと干渉しない専用タイプのモノです。写真のように、シャーシは結構、傷がついています。
珍しいシャーシで、前後・ボールデフ、エンジンブレーキも効く2速ギヤ、2ベルトドライブ、トルクスドライバーも付属する、と他社とは随分と違った特徴があります。カーボンシャーシや31個のベアリングも高級仕様を表しています。日本仕様はスポンジタイヤが付属しますが、本国ではラバータイヤが付属。私が使った感じもラバータイヤの方が合っていると思いました。部品精度も高く、隙間などとてもギリギリに設計されています。また、シャーシのネジテーパーも深く、ネジの頭が走行中で擦れてしまうようなこともありません。なかなか、メーカーのポリシーを感じられるマシンでした。また、素人の私も楽しく操縦できました。
パーツはPowersが代理店で注文すれば入手は難しくありません。しかし、国産と比較して、さすがに単価も高く値引率も低いので維持費はかかります。手放す一番の理由です。
こんなマシンですが、珍しいシャーシを試してみたい方、ボールデフが好きな方、中古なら走らせてみようという方、よかったら落札して下さい。あくまで中古であること、また珍しいシャーシであることから、ある程度の経験をお持ちの方に使って頂けるのが良いと思います。フタバのステアリングサーボホーンを組み込んでいますが、付属していたサンワのサーボホーンも同封します。メーカーに関係なくサーボを取り付けて使用して頂けるはずです。ご質問、できる限りお答えしたいと思います。よろしくお願いします。

さて、値が付いて里子に出すことができるでしょうか?
また、いい人が落札してくれると良いのですが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2005

突然の雨

R12manualR12EndCapR12ClutchR12gear

 今日は午前10時にいつものサーキットに着きました。しばらくちゃんと走らせていない、シューマッハ・フュージョン・R12を最初に選びました。このマシン、イギリスの立派なレーシングマシンなのですがオークションで市場価格の半額でラッキーに入手したモノです。初心者(昨年秋現在の私!)でも結構快適に走らせられて気に入っているのですが、最近、パーツが順番に壊れています。修理して今回はしっかり走らせようと思っていたのです。
 ところが・・・、またも半タンク走らせたところでストップ!「パチン」といった音が聞こえて止まってしまいました。
 こういった時は確実に何かトラブル。マシンを持ってきて調べると、何とエンジンに付いているギヤが外れています。よく見るとクラッチがバラバラに外れているのです。
 エンジンの回転は、遠心クラッチがミートしてギヤに伝わり、そこからベルトやシャフトを通じてタイヤまで伝わるのです。クラッチを止めているネジが外れたか、クラッチのバネが切れたか、時にはエンジンの内部のトラブルが原因でクラッチが壊れることもあるそうです。その最終的な調査は今後行います。とにかくサーキットを歩いて、落ちている部品を探します。こんなとき説明書を持参していると無くなった部品の確認ができます。クラッチやエンドキャップなど何とかみつけることができました。クラッチは新しいモノにしなくてはダメですが、エンドキャップは使えます。
 今日は、平日であったためか、他に誰もいなかったので、ゆっくりパーツを探すことができました。
 それにしてもこのシューマッハ。可愛そうにずっとまともに走らせられないままです。

 その後、先日完成させた京商FW05Sに搭載した新エンジン(OS 12CV-R)のブレークインを行いました。なかなか快調に走ります。先日ブレークインしたMTXも快適に走りました。時間休暇を取って仕事を切り上げて友人のロジさん駆けつけてくれました。しかし、なんと、天気予報では降水確率が10%だったのに、午後3時から雨!
 ラジコンカーは車なのに、雨では全く走らせられません。電気系統のメカが壊れます。スポンジタイヤも水を吸ってしまいます。やむなく早々に退散となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)