FW05RR

November 21, 2010

FW05RR:引退

引退整備です。
予備で買ってあったプラパーツは可能な限り付けました。
従って当然、完バラにしました。走行ゴミはほとんど付いていない状態にしました。

このブログの中で、完成、ブレークインからこの引退まで、一番まともに報告してきたマシンだと思います。
もちろん、途中で全く書き込まない時期が続きましたので、かよいの公園サーキットで箱スカボディが流行ったときに、ボディを買って、TGエンジンにして・・・、ことなどの細かな変遷は書いてありません。当初積んであったTRエンジンは、確かロジさんのところに行った?それも忘れました。箱スカの写真は撮ってあるので、ここでアップ。

Photo

このマシンはラジコンが楽しくて仕方がない頃に購入しました。いきつけのショップで、残り少ない「RRコンバージョンキット」だけを先に買い、シャーシは安くなった半年後に購入、なんておかしなことをしたマシンです。

今、ブログを読み返しましたが、ブレークイン後に、スプリングマフラーステーに変えたり、リアサスステーをカーボンに交換していました。それだけ、走行させ、課題を出し、真面目に調整を考えたマシンでした。そして、最終的のこの頃もほとんど不具合無く走らせていたのですが、ラジコンとの付き合い自体に考えるところあって引退です。

Fw05rr_retire1

ブレークインが2005年の11月ですから、約5年間。それ程走らせてはいませんが、メインシャーシの裏はこんな感じ、


Fw05rr_retire2


かなり削れています。

引退の直接の原因は、先週のサーキット走行で、
 ・新品ボディがボロボロに壊れた
 ・スロットルサーボが壊れた
 ・以前から曲がっていたマフラー排気口が半分ほど外れるくらい壊れた
ということです。

ボディは半年ほど前、安かった完成ボディ(フォードムスタング)が最後でした。FW用の完成ボディは珍しいです。ちゃんとレースに臨むなら空力の良いボディを使った方が良いです。FWはマフラーや燃料タンクの位置から、Voneとは共用できません。壊れたボディに対して、また、新たにボディを作るのも手間です。

レースではサーボの予備を持っていかず(自宅の机の上にはあった!)、予備で持っていた電動TF5のステアリングサーボを無理無理載せ替えてレースに臨みました。無理無理というのは、このFW05RRがFUTABAデジタル9450(最初、MTX3に搭載されていたものの載せ替え)で、電動は最近2.4Gで使っているSANWA製でしたので、サーボホーンの取り付けピッチが違うのです。SANWAがやや小さかったので、キツキツですが締め込んで、なんとか載りました。
9450はメーカーに修理出しても良いのですが、さすがに古いからどうかなぁ、とも思っていて、引退させれば修理は不要です。無理無理SANWAサーボを付けたサーボホーンも不安なので、新しくした方が無難です。余分なところを切るなどの作業も必要です。これも引退させるかと思った理由。

最後のマフラーは、当初からのチャージのフランジタイプです。FWは右出しなのでマイナー。だから、同じチャージのフランジマフラーを買ってこないと、マニホールドは活かせません。結局、京商のものを購入しておいた方がレギュレーションの関係では有利なんですね。そこで、レースに出る出ない関わらず、以前からマフラーが壊れかけていたので、京商のFW05RR用のチューンドサイレンサーセットが購入してありました。これを使えば復活できますが、DRXを購入したので、京商純正の5.2φマフラー部分を何れはDRXに使おうと思っています。

FW系はもう1台、FW05S KCJPがありますが、シャフト系はDRXに集約して、FW系を引退させようと思います。FW05S KCJEは新しいボディも製作して走らせていない状態なので、1回は走らせてから引退しようかな。

なかなか忙しくて、5〜6年前の様に精力的にできないので、マシンを整理して絞って、限定的なマシンを集中的に整備する様に心がけようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2010

FW05RRのボディとRXバッテリー

来週末にレースに参加を申し込んであります。
またまた、身の程知らず・・・。
最低限、ちゃんと走るようにしておく義務!?があると思い、TGエンジンを積んであるFW05RRを先日整備しました。
もちろん、ものすごく久しぶりなのですが、TGエンジンは比較的問題を起こしにくいし、FWは基本的に走りやすい。ただ、このRRはフロントワンウエイですし、スポンジ仕様です。
ボディは京商の完成ボディ。
ポスト用の穴、アンテナの穴は最初から開いています。
今回、右の窓と給油口を開けました。
Mustanggtr

受信機用バッテリーが弱っているようで、前回300程度しか入りませんでした。
今日の充電では585入ったので、大丈夫ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2008

今日はFW05RRの整備

今年も残すところあと二日。
昨日は良い天気でしたがラジることもなく、ラジ整備もせず他の片付けなどをしていました。
今日は曇りで部屋も寒いですが、FW05RRの整備をしました。

Fw05rr_rdef

箱スカボディのTGエンジンお気楽モードマシンですが、元のシャーシはRRで、フロントワンウエイ、カーボンシャーシ、前後スタビ、スポンジタイヤのモデルです。ボディとエンジンとはとってもアンバランス。
リアデフがスカスカでしたので、スポンジタイヤ仕様で、ある程度コーナーでスパッとターンするためにもリアデフは堅めがよいです。
やや柔らかめの30000番を入れておきました。

SIIIがバラで年越ししそうですので、新年、即、走行可能シャーシとしてこのFWは貴重です。

その他の状況は
 MTX-4 前回の走行から未整備 走行は可能だと思う
 MRX4-R 外れたボディのウィングは直したので、前回の走行から未整備だが走行は可能だと思う
 FW05S 12CVRエンジンのスライドキャブがSIIIにいったまま 要ドラムキャブ対応
 VoneRRR 組み立て途中 組み立てればエンジンもボディもあるので即走行可能?
となっています。
 MTX3は今年度途中で完全引退。VoneSIIは12CV-Rを外した時点でほぼ引退としました。ただ、サーボは外して織らず、去就が注目?されます。
 VoneSII with FS26SC(4st)は走行可能ですが、半年、お蔵入りなので再整備が必要です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2007

FW2台復活

今日まで仕事で明日は1日休暇です。
なんとかFW05SKCJEとFW05RRを復活させました。
明日はサーキットにいけるかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2006

やっと報告します

仕事が忙しくて深夜1時2時まで働いていました。

その仕事も終了して、今日まで連休でした。
が、いろいろたまっていたのでRCの整備・準備もままならず、昨日、やっと少しだけ走行させました。
FW05RRです。しかし、今回は走行や現地での写真無し。現地で写真を撮っていないからです。

このマシン、搭載してあったエンジン(12TR5port)の調子がずっと今ひとつだったので、先日分解してみたところクランクシャフトが錆びていました!!!

12trinner

いや〜。ちょっとショックでした。
管理が悪い?のでしょうが、普通は走らせたあと必ず帰宅前にオイルを差します。
たまたま忘れて、しばらくそのままでいたのでしょうか?
今まで沢山のエンジンを使っていますが、分解してこれ程ひどい状態になったのは他にありません。
まぁ、とにかくこれはひどいと言うことで、予備品が買ってあったので交換することにしました。

12tr_cshaft

ベアリングもややゴリゴリ感があります。
これも予備があるので交換しました。
書くのは一言ですが、大変でした。
ケースにピッタリ収まっているベアリングは製造元では専用の工具があれば外せます。
ユーザーは工具が無いので、ケースをコンロで炙って緩め、どこかに「コンコン」と当ててベアリングを落とすそうです。
自分はかつて、お湯で試してダメだった経験があります。
今日は残っていたサラダ油であげて?みました。
170℃程まで熱した油に入れてしばらくおき、出してたたいてみたところ成功!
確かに外れました。

12tr_b_cs

フロントのベアリングは悪く無さそうなのでこのまま使うことにしました。
錆の影響もあるであろうエンジン内部側のベアリングは交換しました。
ということで、FW05RRはこのベアリングとクランクシャフトを交換した12TRエンジンだったので期待して走らせました。

仕事があった午後だったことと、予め残っている燃料だけ使おうと1時間半だけの限定走行でした。
エンジンはもう少し調整すればなんとかなりそうでしたが、クラッシュした際にダンパーが壊れて終了となりました。

リアデフがスカスカ状態でしたし、他にも気になったところがあったので自宅で分解してみると、いろいろとありました。

アルミ製のステアリングステーは曲がっているし、リアサスを上部で止めているキャップビスは左右とも曲がっています。リアサスの利きが良くなかったのはこれが原因ではないかと思います。
デフ回りのベアリングにもかなりゴミが付着していました。
結局、リアデフまで完全にばらして10000番のシリコンオイルを封入し、フロントワンウエイも分解してオイルを注入して組み直しました。しかし、完全に組み直すまで時間もパワーも無く、デフとワンウエイ以外は、ほぼ完バラ状態で止まっています。

MTX-3も完バラ状態。
注文してあったタンクなどが揃い時間があれば組めます。
まだ、時間がとれません。

同じくR40も完バラ状態。
こちらも「HPIは部品供給が悪く、到着まで2ヶ月はかかる」と言われていますが、頼んだ部品はあっさりと2週間ほどで入荷して入手済み。しかし、組み上げられずにいます。

現在、走行できるマシンは、VoneSIIとFW05Sだけです。
あと少しで走らせられるのがMTX-4とMRX4-R。
来週までには、走らせられるマシンを増やしておきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2006

引き続き報告

本日は午前11時30分〜3時30分までサーキット走行しました。
朝は雨。帰りは強風。気温も下がってきました。

VoneSII4st走行をして路面が乾きましたので、いよいよスポンジタイヤ登場。
12TZ5ポートonMTX-3です。
ブレークインも最終段階でエンジンも良く回るようになってきました。
今日はキャブレター調整をしながら走り込みました。
時々、だいたい5周回すると1回くらい、スロットルを開けても回転が上がらなくなります。
でも、数秒で元に戻ります。
なぜでしょう?原因は不明です。ベテランさんと走行するとき教えてもらいたいと思っています。

Mtx3_tire

リアタイヤは前回新品をはきました。
フロントはそのまま使っていましたが、今回で相当減ってしまいました。
スポンジがほとんど無くなると、さすがにグリップが落ちてきます。
コントロールも難しくなります。
ちょっとしたミスでコースアウト。ダンパーが外れました。

Mtx3_muffler

ピットに戻ってはめ直そうと思ったのですが・・・。
おかしいです。はまりません。
なんと、マニホールドが曲がっていました。
マフラーが内側に入ってしまいます。
マフラーでは無く、マニが曲がるとは・・・。

Mtx3_ftr

これでMTX-3は終了。
曲がったマニホールドとマフラーを仮止めして残燃料を燃やし終了としました。
なお、先日修理したタンクですが、以前より良くなりましたがまだ少し漏れているようです。
もしかすると回転が時々上がらない原因が、このタンクに燃料の流れが悪いのかもしれません。
MTX-3も引退の予定なのですが、走行させるととても扱いやすいシャーシです。
新品のタンクを買おうかなぁ。

最後にFW05RRを走行。
このシャーシも充電して持って行っても走行させずに帰ってきたのが数回続きました。
今回はエンジンの調整に多少慣れたつもりだったので、12TRの調整にチャレンジ。
マフラー音が甲高く、排気はかなり白く燃料が濃い。アイドリングも高め。
アイドリングを下げてスロットルを開けるとスムーズに回転は上がるが、スロットルを戻しても回転があまり落ちません。
プロポのスロットルトリムも調整し、スロットルを戻したときにキャブレターのアイドリング調整位置が完全に効くように調整します。
メインニードルが甘すぎるのでメインを絞りながらスローニードルは少し甘くします。
少しずつ回転が安定するようになってきました。
アイドリングの回転数はあまり安定しません。
そうこうしている内に、日も陰り、強風も吹いてきました。
今日はこれくらい。

Fw05rr_rd

最後の方になってこのFW05RRもリアサスのグリップがイマイチ。
ピットで見るとリアサスが緩んでいます。
カーボンダンパーステーにしてから何度も外れています。
これには、次回までに取り付け方を変える予定です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 15, 2006

リアダンパーステーの変更

今日は天気が良かったです。
仕事の都合で午前中が休み。少しだけサーキット走行をするつもりでしたが、結局時間が無くなり走らせられなかった。残念です。
その代わりと言っては何ですが、帰りにいつものラジコンショップへ30分だけ寄って、少しパーツを購入しました。
前回の走行でエンジン調整を真面目に行ったFW05RR。エンジンは良く回るようになったのですが、リアサスの調整が必要な状態だったのです。
そこで、リアダンパーステーをカーボン化する部品を購入しました。
1年前は、パーツは「高いオプションパーツなら走らせやすくなる」という妄信状態でパーツを購入していたのですが、最近は基本的には標準パーツで良いと思っています。今回購入した様な「カーボン」は軽量化や反発力のアップに貢献しますが、下手くそな走行でマシンを飛ばしたりすると簡単に折れます。だから、最近は標準のパーツをまず使っています。
それでも、あえて今回カーボンを購入したのは、ダンパーをより寝かせたかったからです。
前回の走行では、コーナーへの入りは悪くないのですが、コーナー後半でリアのグリップが落ちると感じました。
シャーシの説明書や雑誌のセッティングを見ると、こうした状況でリアグリップを上げるには、
 ・ダンパーを寝かせる
 ・スタビライザーをソフト、或いは抜く
 ・リア車高を上げる
となっています。しかし、既に標準の樹脂製ダンパーステーの一番内側にダンパーは付けて寝かし気味にしてありました。カーボンダンパーステーなら、さらに内側にもう一つ穴があります。結構高いパーツですが、これを使いダンパーを寝かしてみることにしました。

FWrearshockstay
スタビライザーも標準ではミディアムの強度のモノしか付属していません。Vone系とよく似ているのですが、残念ながら形状が少し違います。Vone系は持っていたのですが、FW系は無かったので、これも購入しました。次回はソフトで走行です。
さて、次回、いつ走行できるか分かりませんが、変化が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2006

久しぶりに走らせました

 3週間ぶりの走行です。
 この3週間はサーキットへ行けなかっただけでなく、自宅での作業もほとんどできませんでした。出張が2つ入っていたことや、月末で忙しかったことが重なりました。
 今日は午後1時から午後4時までの約3時間。
 FW系を2台持っていきました。走らせたのはFW05RRのみ。エンジンの調整に終始しました。ニードルバルブ(メインニードル)、アイドル調整バルブ(中速・加速の調整)、メータリングニードル(アイドリングから中速への調整)全てを調整しました。マニュアルは以前読みましたが、今日は自分の感覚を信じて、スロットルを握り戻した後のエンジンの状態からメータリングニードルを調整。エンジン温度にも注意して、排気の色にも注意して、色々と触ってみました。最後は高回転で回るようになり、エンジン温度も110℃くらい。エンジンを切った後数分後にエンジンをかけても安定してかかるようになりました。自分としては納得。ただ、次回も同じように回転してくれるのか、少し不安です。
 エンジン調整に追われ、シャーシの調整はできませんでした。リアのサスのグリップが弱く感じました。タイヤ硬度が低すぎたのかもしれません(30でした)。また、スポンジの材質が何種も組み合わさったマルチタイプのタイヤだったのですが、一番外側が特に柔らかいらしく再外部だけボロボロになってしまいました。下手くそなうちはノーマルのタイヤの方が良いみたいですね。コーナーでは最初の回頭性は良いのですが、リアグリップが安定しないためリアテールが滑ります。リアタイヤは減ってしまったので、次回は新しいタイヤでもう一度再挑戦します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2005

寒かった!シャフト系走行!

 11月、前半は走行を行えたのですが、後半は風邪気味であったのと自宅の作業が多くてあまりラジコンを走らせる時間がありませんでした。
 12月は年末ですからいろいろと忙しくなります。まぁ、月初めくらいは頑張ってと昨日は電動EPの草レースに参加するため仕事は休みでした。ところが、サーキットに着いた頃雨が降り始め、2パック走らせただけで終了!
大会自体も中止で来週に持ち越し。来週は仕事なので参加できません。
 久しぶりに参加できるカテゴリーだっただけに残念でした。

 気を取り直して、本日。本来の休みで、ロジさんも休みで一緒にGPに使うサーキットに行きました。
 昨日降った雨でサーキットは濡れています。ロジさんとタオルで路面水はけから開始です。
あまりの寒さに手の感覚が無くなりました。それでも午前中は晴れる予報でしたので天候回復を期待して走行開始。しかし、ずっと曇ったままでなかなか路面は完全には乾きませんでした。
 そこで、本日持参したFW05のうち、元々持っていたFW05Sを使いました。こちらは、ゴムタイヤ仕様。
 水を吸ってしまうスポンジタイヤよりは湿り気に強いです。
 このマシン、最近はエンジンの調子も良く、それ程速いタイムではありませんが安定して走ります。今日も、コースアウトすることなく燃料切れまで走れました。
 終了時に各部チェックをすると、ステアリングサーボからステアリングアームを結ぶリンケージがややがたついています。
FW05S-STL
 もう、1年以上使っていますのでプラスチック部品は削れるモノは削れています。
 走行に重大な影響があるわけではありませんが、こうした細かな問題が積み重なると総合的な操縦精度が落ちます。
 次回までには直しておきたいと思います。

 今回のメインの走行は、前回ブレークインFW05RR。
 あっという間に1ヶ月経っていますが、エンジンの調整もまだ不十分なので、頑張って取り組むつもりでした。
 ところが、寒い寒い。
 晴れ、どころか、日中になるほど寒気の影響で気温が下がり、日差しもなく手が凍えます。
FW05RR-FS
 途中、フロントサスペンションが外れました。
 普通なら簡単に取り付けできるのですが、寒くて手が動かないのでなかなか作業ができません。
 時間も倍くらいかかってしまった印象です。
 さらに、走らせてクラッシュしたとき、今まで経験したことがないことが発生!
FW05RR-TIRE1
 こうしてシャーシを見るとあまり異常ではないように見えますが、
 よく見るとフロント右のタイヤが外を向いています。
 なんと、タイヤのホイルが、
 横から見ると、

FW05RR-TIRE2

と、完全に壊れています。
このタイヤ、FW05RRキットに付いてきた純正のスポンジタイヤ。
実は、「良い」という評判を聞いたことがありません。
真剣にコースを走るのではなく、ただタイヤが減ってしまうエンジンブレークインにはもってこい、とうことで前回のブレークインからこのFW05RRで使っています。
それにしても、ホイルが壊れるとは・・・。クラッシュの仕方も原因なんでしょうね。

スポンジタイヤでホイルが壊れて交換したのは初めてです。

あまりの寒さと、家で用事もあったので午後1時20分にはサーキットを後にしました。
寒さによってロジさんは熱が出たそうです。可愛そうに・・・。

 自宅に戻って、FW05RRを分解清掃しました。
 こちらもステアリングにややガタがあります。
 ステアリングのリンクを調整可能なターンバックルに交換するつもりでしたので、分解しました。
 ガタの原因は、ステアリングポストを止める下部のネジが無くなっていたからの様です。
 リンクもターンバックル式に替えました。
FW05RR-STTB

| | Comments (0)

November 17, 2005

マフラーステーとホイールハブ

SP-Muffler-Stay

 今日は休みでしたが自宅周辺の作業で1日終わりラジコンはしていません。
 夜になって少し、整備をしました。先日ブレークインしたFW05RRです。マフラーが緩んだのでオプションのスペシャルマフラーステーに交換しました。バネ式で多分これだと振動を吸収してくれます。できれば、標準装備にして欲しいですね。無限精機のMTXは標準装備です。オプションといっても価格は定価400円なので高いモノではありません。だからこそ、上級モデルには標準装備にしてほしいですね。

WheelHub
あと、ホイールを取り付けるハブをアルミの固定式にしたいと思っています。タイヤを交換するとき、ハブが固定式だと脱落しにくくなくなります。標準はプラスチック製で、ホイルを締めた時に挟まれるだけです(左の黒いパーツ)。
京商のオプションパーツ名は「ドライブワッシャーセット」(真ん中青いハブ)。アルミ製で小さなゴムでピンが落ちない様に止めています。これは所持していてFW05S-KCJEに使っているものです。ゴムは劣化が心配なのでネジ止めのモノがいいと思っています。
 ピンクのが(多分)イーグル製のホイールハブで無限MTX用。現在MTXに使っているハブです。
 事前にしっかり調べておけば良かったのですが、昨日、RCショップで「FW05RR用に必要だなぁ」と考えて、結局、無限製の「アルミホイールハブ」を買ってみました。
 実際に部品を確かめて見ると、残念ながら無限と京商ではシャフト径が違いました。
 京商はφ6mm。無限はφ5mm。
 買ってきた無限製のものは、次に購入(予定)のMTX4のために取っておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧