VoneSII

June 11, 2007

ご無沙汰です

ご無沙汰です。
ロジさんから「ブログを更改していないので寂しい〜」と言われましたので、久しぶりに書き込みます。
この間、3回サーキットに行きましたね。
前回は、先週の月曜日。
今日は、真面目にMRX4-Rの整備をしましたので、報告します。

エンジンOSーMAX-21VGはコンロッドを交換しようと思い、購入しましたが、ダメです。交換できません。
クランクシャフトに錆が出ています。
内部もやや変色。
低価格のエンジンほど、きちんと走行後の整備しないとダメかな。
「クランクシャフトなら関係ない」
といわれそうですが、ピストンも抜けません。
ピストンが抜けないとコンロッドの交換はできません。
ピストンも錆が出ているのでしょうか?
エンジン本体を炙って暖めればピストンも取れるのかもしれませんが、そこまではせず、とりあえずある程度きれいにして元に戻しました。
同時に整備したMTX-4のエンジン、OS-MAX-12TZ5PORTは全く問題ありません。
きれいなものです。走行後の油差しなど、それほど違いは無いと思います。
違うのがTZは内部コーティングなどが高級ですね。
値段的にも21のVGよりも12のTZの方が高いですからね。

残念ながらショップに12TZのコンロッドの在庫が無くて注文中。
したがってTZもコンロッドの交換はできずに組み直しました。

MRX4-Rは組み立て済みのものをオークションで購入したため、1から組み立てていません。
今日は、かなりバラして整備しました。
フロントワンウエイにオイルを差したり、ユニバーサルシャフトも分解・清掃、オイル差しまでしました。

いろいろ真面目に整備すると、休みの日も随分と時間をかけてしまいます。
やはり、何台も何台も面倒は見きれませんね。

この4か月間、たまにしか走らせられないと、使うマシンはどうしても限られます。
現在、MRX4-RとMTX-4、昔からのVoneSIIとFW05Sの4台は使える状態にしますが、その他は完バラ状態だったり、何か問題があったり。
今後は、いろいろと考えて、お蔵入り・処分も考慮して使っていこうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2007

一日走行

今日はラジ友と約束していて、いつものサーキットに行きました。
魚眼レンズ、コース写真です。
Mifune
友は午前8時には着いていたようですが、自分は昨晩も帰宅が12時近く、そのせいもあって到着は遅く、午前11時頃でした。
大変賑わっていました!
もうバンドが空いていない(27メガ12波と40メガ8波)ところでしたが、ラジ友が皆さんの希望を調整しておいてくれたので自分も一つの周波数を使って走行できました。
Mifunepit
到着したときは非常に込んでいましたが、お昼には帰る人も出て、ピット(は無いですが)も空いてきました。
連休の日曜日ですから、みなさんもゆとりがあるのでしょうね。
休みがあえば、自分もこうして楽しく参加できます。
今日は、ご家族を連れての方もいて、2匹のワンちゃんもサーキット脇で遊んでいました。
Dogs
さて、走行はといいますと、久しぶりなのでマシンの準備も完璧とは言えず、現地についてから受信機を付けたり、充電していないシャーシも持っていったので、それらは順次充電をするなど、作業も並行しながらでした。
とりあえずMTX-4を走行しました。


 前回、転倒の際に受信機のアンテナが一部ちぎれていましたが、今日もそのまま。
試してみると遠いところでも十分届いているようで、そのまま走りました。
しかし、1タンク走らせた後で、どうもシャカシャカといった音がするので、よく見るとどうもリアベルトが緩みかけています。
そして、見るからにデフの向きが反対です。
組立時に気付かないとダメですねぇ。
Mtx4rdiff
センタープーリーとデフのギヤにかかるのがリアベルト。どちらのギヤも左方向にベルトが緩む向きになっています。本来なら右&左に向いていて外れないはず。
今日はマニュアルも持って行ったので確認するとやはりリアデフが反対!
取り替えが必要です。
しかし幸いなことに、最近のシャーシはメンテナンス性も高く、MTX-4は4本のネジだけでリアデフが外せます。

Mtx4rdiffch

ちゃんと正しく付け直して走行しました。

<R-40>
 年始のサーキットで走らせ後、修理をして復活です。
走行自体はまぁまぁ。
久しぶりなこともあり、今日はなかなか自分の腕の感覚が戻りません。
3タンクくらい走らせると、マシン毎の癖を思いだし、コースアウトなども少なくなります。
R40は2タンク後にいやなエンジンストップ。
プラグかと思いましたが、通電します。
みると、キャブレターが外れています。
また、キャブレターリテイナーのネジが外れています。
良く外れるのですが、このネジ普通のラジコン部品で使わないサイズで予備がありません。
しかたなく、リタイアです。

<VoneSII>
 最後はVoneSII。
こちらもシャーシを交換して初走行です。
最後であまり時間が無く、ある意味適当に走らせました。
もう少しニードルを絞って高回転にすべきでしたが、調整走行ということで2タンクで終了。

総合的には、久しぶりに1日ラジコンできた満足の一日でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 11, 2007

また復活!

VoneSIIのメインシャーシがショップに届きました。
せっかく来たので一気に組みました。
Vonesiinewchassis
結局、一番走行が多いこのVoneSII。
復活万歳!
きれいなシャーシはいいなぁ。
もったいないなぁ。

これで、FW05SKCJE、FW05RR、MRX4-R、MTX-4、VoneSII!
5台だ〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2007

走らせ初め

初走行の報告です。
今日は、いつものサーキットではなく、ショップ併設のサーキットへ行ってきました。
全周魚眼レンズを手に入れたので、さっそく使用しました。
Setopit
ピットです。
朝の9時に到着しました。
コースは10時スタートなので準備をしています。
机と椅子、電気もあります。
もちろんトイレも水も、エアプレッシャーもあります。
まだ、お正月休みと言うことで、たくさんの参加者がありです。
バンドはほぼ埋まっていました。
Setoustand
スタンドの下の場所。
スターターや給油ポンプ、燃料などを置いています。
コースへ入っていくアプローチもあります。
レースでもできる状況になっています。
ここもほぼ全ての場所が埋まっています。
一番右端に自分のスターターを置きました。
Setosc
こちらがドラーバースタンドからの写真。
ここはGP専用コースなので、オイルできれいに黒ずんでいます。
向かって時計方向の回転です。
向こう側がストレート。
幅は広いので安心して走らせられますが、コースアウトすると痛い!マシンが壊れることもあります。
ほぼ一日、良い天気でした。
一月とは思えない暖かさでした。

さて、マシンは3台。
FW05SKCJE。
HPI R40。
VoneSII。
最近、このサーキットはハチイチのクローズドボディが流行っているのですが、先日のスパー舐めの後、エンジンマウントのネジが届いていないので、自分のMRX4-Rは本日は持って行きませんでした。

●FW05SKCJE
 ゴムタイヤ仕様です。元々付けてあった古い京商のVスリック35タイヤで朝一はきつかったです。
 タイヤが暖まるまで全くグリップしません。そこで、先日ショップの年末フェアで半額販売されていた、京商の接着済みゴムタイヤの「ソフト」タイプをはいてみました。安いタイヤですが、結構グリップして安心して走らせることができました。元々、このFWはあまり速くはありません。でも2タンク楽しめました。
 その後他のマシンを走らせ、再び走らせたのですが、だんだんグリップが安定しなくなりました。
Fw05s_tyer
このとおり。
接着済みだからきちんと接着されていることを期待したのですが、やはりGPのパワーはきついのかもしれません。
部分的にめくれていました。
また、一部のタイヤは、
Fw05s_wheel
ホイルにひびが入っていました。
そして、エンジンの音も最後にはおかしくなったのでよく見たら、
Fw05smani
マニホールド止めネジが脱落!
いろいろ不具合が出たので楽しめましたが合計4タンクで終了させました。
しかし、ここのところのFWは本当に走らせると安定します。
決して速くはありませんが、ゴムタイヤ仕様でそこそこ走るマシンはストレス無くていいです。

●HPI R40
 先日エンジンが絶好調だったR40。
 今日はなかなか安定して回りません。
 ニードルを触らないで済むのが理想的ですが、気温も異なり、サーキットも異なるので仕方ないですね。
メインニードルを絞り、スローニードルも絞って回り出したので、メインニードルは少し戻した状態で走らせました。
 今日はたくさんのマシンが走っているので、あまり状態が良くないと皆さんに迷惑をかけてしまいます。
 まぁまぁと思って走っていたら、突然、コントロールが難しくなりコーナー後で挙動不安定になりました。
 サスペンションは効いているようだし・・・、シャーシを見るとなんとサイドベルトがありません。
R40_beltless
ベルトマシンの宿命ですが、ベルトが切れると4WDから、リアのみ駆動となってとたんに不安定になります。
R40は予備パーツは買わない(壊れたら注文する)という方針で来ているので、今回もベルト切れ、即マシン終了です。

●VoneSII
 前回、ノーマルシャーシで曲がってしまったので、以前のすり減ったスペシャルメインシャーシに戻しておきました。走らせるとまぁまぁなんですが、どうも2速に入りません。
 1タンク終了してシャーシを見ると、スパー舐めです!

Vonesii_sn

 またやってしまいました。
 こんどはエンジンをエンジンマウントに取り付けるキャップ付きボルトが緩んでいました。
 VoneとFWの予備パーツや予備ネジは持参しましたので、交換しました。
 そしてVoneはやはりそこそこ速いです。
 ロジさんとバトルしましたが、FWのロジさんは「追いつけな〜い」と叫んでいました。
 他の人のバリバリマシンとは違いますが、安定してコースを走らせられるので、タンクが終了するまで何回か走らせられました。
 が、最後にフロントアッパーライトのシャフトが折れました。
Vonesii_fuls
これはオプションのベアリングまで入ったサスアームです。
シャフトはなんとカーボン。
そのカーボンシャフトが折れました。
自宅には元のスチールがあるので、また交換します。

とまぁ、一日、なんとか走行できましたが、年初に早速多数のマシンを壊しました!
まぁ、一年のラジコン整備ログスタートにはもってこいの一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2006

走らせ納め!?

昨日、走らせ納め!?をしました。
MRX4-RとR40とVoneSIIの3台。
ロジさんとともに午前9時30分から午後4時30分まで。

●復活したR40
 まずは復活させたHPI R40です。
 エンジンは先日までFW05RRに搭載してあったOS12TR5ポートをR40にのせ換えた状態です。
回転の様子も良く、甲高い排気音で小気味よく回ります。ニードルを絞りすぎている感じはなく、温度も80℃程度。このエンジン、今までFWに搭載していたときは縦置きなのでマフラーは違いました。排気音もややもたついた感じでした。今回(OS:T1040)はOS純正品なのでマッチしているのかなぁ。
もし、エンジンとマフラーの相性で12TRが快適に回ったとすると、FW05RRに12TZを搭載し、そこにマフラー(CHARGE) を組み合わせるので、どんな状態になるのか楽しみです。
 R40はシャーシのエンジン回りに余裕が無く、キャブレターなどがギリギリで搭載しています。
 2タンク走らせた後、スロットルの戻りが悪くなっていたのでよく見ると、キャブレターリテイナーのナットが取れていました。キャブレターが動く状態になってしまってまずいので終了!
 しか〜し、実は、自宅の机にナットが一つありました!自分で付け忘れた様です。
 
●VoneSII
 こちらは先日も走行させ、新しいエンジンで快調に走りました。
 ロジさんも同じVoneSIIにカンナムボディを搭載しましたので、バトル。またボディを交換して走らせました。
 なかなか面白い。
 シャーシは同じでも回頭性は違うし、リアの踏ん張りも違う。また、リアのウイングの違いも実感しました。
リアリジットのあたりから音がするのでやめようとシャーシをよく見たら、先日、純正(やわらか)アルミのシャーシに交換してあったのが、やはり曲がっています。やはり、純正は価格も安くてその分全く剛性が無いようです。
 さっさと終了して、キャブレターリテイナーのナットをR40様に流用することにして終了しました。

●MRX4-R
 前回ブレークインした21VGですが、続けて今回も様子がどうなのか気になるとことです。
 エンジンは問題なく回りました。
 ただ、右回転後、どうもややオーバーステアになります。
何か原因があるのでしょうが、その場でシャーシやタイヤを見る限り問題は発見されませんでした。
タイヤを左右交換したり、車高を調整したりしましたが、あまり効果は得られず現地では走行をしました。
この休み中の整備で今一度セットアップゲージを用いて状態が変わっていないかチェックしてみます。
 走行最後、マシンが急に止まりました!
 エンジンは回るのに、全く動かない!
 ロジさんの「スパー舐めだ!」
の言葉通り、1速のスパーが舐めています。シャーシを見るとエンジンマウント止めネジ2本が脱落・・・。
良くあることですが、ちゃんと走行前に確認をしていれば防げる事故ですね。
まだまだです。

ということで、昨日の走行は無事終了しました。
今年1年は、EPで参加していた草レースが中止になったり、夏頃に全くラジコンを行う気分になれないことがありあまり走行できませんでしたが、記録のノートを見ると
1月4回、2月2回、3月2回、4月3回、5月1回、6月3回、7月0回、8月1回、9月5回、10月4回、11月5回、12月3回、走行させました。合計、33回。多いのか?少ないのか?
沢山のマシンを走らせ、沢山のマシンを壊し、沢山の整備をして終わりました。

昨日の走行写真は、アダプター未発見のままなので、見つかったら上げます。
Vonesiinormalchassis
これが曲がったシャーシ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2006

無事走行しました

本日はMRX4-RとVoneSIIに積んだ12CV-Rエンジンのブレークインができました。

MRX4-Rから始めました。
エンジンの説明書通りニードルを3回転緩めてありましたが、すんなりとかかりました。
さすがに燃料が濃くて、マフラーからダラダラと燃料が落ちます。
プロポのスロットルとリムをやや開けて、少し回転を上げたアイドリング状態で1タンク。
2タンク、3タンクと少しずつ絞って走行も始めました。
温度がなんと40℃しかない!
ある程度オイルが回ったら温度を高くしていかないとブレークインにならない。
結構絞って、本日の最終状態は2回転開き状態。
でも、まだ、低温気味。
今日は7タンク分回しましたので、最終的には次回で完了でしょうね。

VoneSIIに搭載した12CV-Rエンジンもあっけなくエンジンはかかりました。
15CV-Rでドラムキャブは使っていたニードルを少し開いた状態でエンジンをかけました。
こちらも、2タンクアイドリング状態で回した後、ランニングして、少しだけ絞っていきました。
一緒にロジさんが走ってくれましたが、MTX-3の12TRと遜色ない走りでした。

2台とも順調でしたので、今日は充実のラジコン走行でした。

帰宅後、簡単な清掃をしてプラグをA3から8に交換しました。
次回は2台ともエンジンの最高回転状態になりそうです。

写真を撮りましたが、読み込みのアダプターが行方不明ですから、見つかったらアップします。

Mrx4r_bi
OS21VG on MRX4-R エンジン始動!

Mrx4r_run
Running Break In

Mrx4rvonesii
MRX4-R と VoneSII 同時にブレークイン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2006

カンナムっぽいボディー

既に型落ちとなって長いVoneSIIですが、結局一番手を入れて遊んでいます。
シャーシの交換、エンジンも交換(相当前ですね)、キャブレターも交換したし、フロントワンウエイ、リアリジット、カーボンアッパーデッキ、最近はフロントとリアのダンパーマウントもカーボン。
でも、ダンパーはキット付属のままです。
そして、カンナム(っぽい)ボディーを作りました。
Vonesiinissanp35gtp
PROTOformのNissan P35 GTPと書いてあります。カンナムというよりルマンタイプですかね。
SIIはレーシング用とは言えないシャーシなので車高が高めで、ちょっと無理があります。
ハチイチでは普通のボディであるカンナムタイプ、かつては1/10でもキットとして発売もされていました。
現在は1/10はツーリングカーがほとんど。
ハチイチのシャーシに普及価格のエンジン、クローズドボディ(ツーリングカー様な実車型ボディ)を載せて走らせるのも流行っているようです。そこをあえて?1/10でカンナムっぽいボディです。
こんどの月曜日は天気が悪そう。
火曜日も休みなので、どちらかで走らせられるといいなぁ。
ろじさん、製作待っていますよ〜!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 03, 2006

リアをリジットに変更(2)

本日、午前中にいつものサーキットへ行きました。
休日でしたがロジさんと2人の時間が長く、かなり楽しめました。
さて、先日リアリジット化をしたVoneSIIをいつものサーキットで走らせましたが、なかなか良かったです。
ロジさんはVoneSII用のリジットパーツを二つ持っていて見せてもらいました。
午後にRモデルへ行けたので、詳しい店員さんに聞いたところ、取説を見て調べてくれて
「在庫有ります」
ということで購入できました。
Vonerraparts
購入するパーツは二つ。
その名の通り、「リジットアクスル(Vone用)」とFM316のプーリーセット。
このプーリセットは「ファントム」用。
ファントムとは京商の古い1/8レーシングマシン。
現行のハチイチはエボルバですから、やはりVoneSIIやVoneRRは古いシャーシだなぁと思います。
組立は非常に簡単です。
Vonerra
通してCリングで挟むだけ。
しかし、不要となるファントム用のプーリーがいくつも手元に残ってしまいました。
前回から、今のところ問題なくリアリジットで走行できています。
プラパーツが壊れたら、交換します。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 30, 2006

毎日少しずつ

今日も画像は無し。
通常の月曜日は休みですが、今日は仕事でした。
早く終わればラジコンやへ行こうと思っていましたが、やや、遅くなりました。
でも、遠くのラジコンショップへ行ってきました。
自分が利用しているショップは4カ所あります。
雑誌の通販でも大きな広告を出しているRモデル。
部品が所狭しと並んでいて、屋外サーキットを併設しているAホビー。
全国チェーンで屋内サーキット併設のR天国。
そして昨日行ったKランド。
なんとなく目的毎に店を変えています。
メインはRモデル。
店員さんとも顔なじみになっているので、パーツの在庫なども聞きやすい。
店頭には並んでいないモノも聞いて出てくることが多い。値段が安い。
自転車で通勤した帰りに寄れる。でも閉店時間が早いので寄れないことも多い。
特別なおもしろい部品などはあまりない。
AホビーやR天国は細かなパーツがいろいろとあっておもしろい。
ついつい長居をしてしまう。
R天国はベアリングやネジなどの細かな袋売りが多くて重宝している。
Aホビーは型落ちのシャーシパーツは結構安く手に入る。

今日はR天国でとっても嬉しい買い物ができました。
VoneSIIのミドルシャフトに付いている18Tのプーリーは良く壊れます。
プーリーセットを買って交換できるのですが、セットなので余る部品が出てしまいます。
もったいなくて取ってあってどんどん増えてしまいます。
特に惜しいのが19Tのプーリーがあるのですが、18Tよりやや幅が広いのではまらないのです。
昨日、プーリーを無理矢理削って入れてみました。
これは以前ロジさんが取り組んだ方法です。
この方法でもいいのですが、19Tのアルミのプーリーを実は2個も持っています。
オークションでパーツ付きで購入したシャーシに付いてきた物や、間違えて購入したもの。
これらはプーリー自体を削ることはできないので、シャフトを長くするか(不可能!)、バルクのパーツの内部を削ってベアリングを内側に落とし込まなくてはいけません(困難)。
よく見て、もう一つ思いついたのが、ベアリングを薄くすること。
このセンターシャフトには外径12mm内径6mm厚さが4mmのものが2個あります。
薄くなればバルクの外側を削るだけでうまくいきそう。
そこでR天国で店員さんに聞いてみました。
「1206ベアリングの薄いモノありませんか?」
すると
「JIS規格で決まったモノをメーカーが使っているだけでありません」
とつれない回答だったのですが、あちこち探していたら
yokomoの
「ナローサイズ 6φ×12φ」
というのを発見!
もう一度さっきの店員さんに
「ノギスを貸してもらえませんか?これ薄そうですよね?」
ときいたら奥のさらに詳しそうな定員さんが、
「規格外だから薄いです」
と教えてくれました。

ラジコンパーツは非常に沢山あるのですが、よく知っている定員さんは本当によく知っていますね。
マニアックな世界ですが、自分もはまっているのでマニアですね。

うまくいったら、また報告します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

少し整備

机の上にVoneSIIがばらけています。
今日は職場近くのホビーショップでVone用のベルトを購入しました。
このショップはテレビゲームからモデルガンやプラモデルも扱っていて、ラジコンパーツは少ないです。
古いシャーシのパーツは限りがありますが半額のものもあります。
VoneSIIにあう、リアのカーボンダンパーステーを買いました。半額で約1700円。
ベルト交換にあわせて、バルクのプラパーツも交換しようと、かなりばらしています。
写真を撮るほどでもないので、今日は文字だけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)